ウエディングドレスを着る時の髪型が普段と変わらないなんてことはないですよね。

結婚式場のメイクさんにお任せという方も多いと思いますが、見本をみてもいろいろありすぎて、どの髪型にしようか迷ってしまうものですね。
そこで、ずばりこのサイトでは、ウエディングドレスの髪型の理想系を提案しちゃいます。

といっても、私はヘアメイクの経験もありませんし、結婚式を1度経験しただけの新婚主婦なのですが、今まで友人などの多くの結婚式に参加した経験からウエディングドレスの髪型でよく似合うものを発表したいと思います。

いわゆるウエディングドレスといえば純白のものが一般的といわれていますからウエディングドレスの髪型も清楚なスタイルが一番です。

ウエディングドレスの髪型に向いていないのは、逆に言えば派手なものやごわごわしたパーマヘアなんかですね。キャバクラ嬢みたいに見えますのでご注意ください。

だからと言ってストレートなロングヘアというのもちょっとウェディングドレスには合わないんですね。

そこで髪が長い場合には夜会巻きやシニヨンなどのアップにするというのが、一般的にはいいでしょう。

シニヨンとは、渦巻き状に編み込んだり、輪形にねじり上げたりして後頭部に束ねた洋風の髪型。夜会巻きとは、後頭部で髪を束ねて頭頂の方へ左右からねじり合わせてピンで留める髪形になります。


もちろん、アップにするだけではなくいろいろなヘアパーツを使うことによって雰囲気がかわりますね。クラウン、ティアラなどが代表的なウェディングドレスの髪型に使用されるヘアパーツです。ウエディングドレスを着る時には、ただ単にウェディングドレスに似合う髪形をするだけではダメで、やはり多彩な髪飾りがものを言うものです。

ピンやカチューシャ、クラウン、ティアラ、ヘッドドレス。結婚式場のヘアメイクさんに相談すればいろいろと髪型に合うアクセサリーを提案してくれるでしょう。

全体の仕上がり具合のイメージとしては、清潔・清楚なヨーロッパの女王様とか貴婦人とかです。

特に前髪はぴっちりとするよりは軽く散らすと柔らかい印象になります。

もちろん、髪が短い人は当然ですが無理にアップにする必要はありません。

ショートヘアの場合で、どうしてもという人には、付け毛、ウィッグやヘアーエクステンションなどで髪を増量することも検討できますね。結婚式と言えば、通常は一生に一回の大切な主役になれる日です。あなたに似合う特別なウエディングドレスの髪型で決めましょう。