立山の紅葉スポット

立山黒部の紅葉の特徴は、赤や黄色だけでなく、濃い緑の松や淡い緑の 笹も加わったいろいろな色彩の紅葉風景ではないでしょうか。紅葉の主役の木は、「クロマメノキ」、「ナナカマド」、「ミナカエデ」、「ダケカンバ」等のよ うです。立山黒部アルペンルートが人気です。立山黒部アルペンルート内は標高差があるので、紅葉は9月中旬~11月上旬までの比較的長い期間楽しむことが 出来ます。9月中旬の時期は 3,000mの主稜線の紅葉が楽しめます。9月下旬の時期は、室堂平・大観峰・タンボ平辺りで楽しめます。10月上旬の時期は、弥陀ヶ原周辺が綺麗です。 10月中旬の時期は、黒部ダム・扇沢周辺が楽しめます。10月下旬の時期は、美女平周辺・日向山高原周辺の紅葉が楽しめます。11月上旬の時期は、立山駅 周辺になります。立山黒部アルペンルートの紅葉もここで終わりです。車で立山黒部アルペンルートの紅葉を楽しみに行く時は、富山県側は立山駅まで、長野県 側は扇沢駅までとなります。立山駅周辺の無料駐車場には、1400台程度駐車出来ます。扇沢駅周辺には、有料と無料を合わせて750台程度を収容できる駐 車場と700台程度を収容できる臨時駐車場があります。

立山黒部アルペンルートの紅葉

立山黒部アルペンルートの紅葉は、人気 のコースです。注意していただきたいのは、ペットの持ち込みは出来ません。立山黒部アルペンルートにペットの持込が出来ないのは、紅葉が人気のルートが、 中部山岳国立公園特別保護地区内にある為です。中部山岳国立公園特別保護地区内の、室堂周辺では自然保護官(レンジャー)が、特別保護地区内に多数生息し ている貴重な野生の動物や植物の生態系を守っています。特別保護地区内にあるルートに、ペットを持ち込んで自然の生態系を壊さないようにお願いします。立 山黒部アルペンルートの観光の所要時間は、紅葉やゴールデンウイーク等の時期や天候にもよりますが、①立山駅~扇沢の通り抜けルートは、 6~7時間です。②立山駅~黒部湖の往復ルートは、7~8時間です。③立山駅~室堂の往復ルートは、4~5時間です。④扇沢~室堂の往復ルートは、5~6 時間です。自然の生態系に気をつけて、立山黒部アルペンルートの紅葉をお楽しみください。