借金返済をしたい人には当然、借金があります。借金問題はいつごろからはじまったかというと、昭和50年あたりからです。いわゆるサラ金被害が社会問題となったのが30年前のことです。借金返済

この頃の借金問題は昭和58年に施行された貸金業規制法、出資取締法によっていったんは収まりましたが、次にはクレジットカードやキャッシュカード で借りたお金を更に別で借りて返すといった多重債務者が増加し現在の問題となっています。カードを出せばカード会社が代わりに支払い、後でカードの持ち主 に対して請求するという仕組みなので、クレジットカードのキャッシングも立派な借金なのですが、やはりカードを使い出すと勘違いしてしまうんですね。ま た、サラ金と呼ばれていた消費者金融なのに、CMや名称変更によってさらに借金が気軽になってしまっています。つい最近カードローンの金利が引き下げられ ましたが、すでに自転車操業に陥っている多重債務者の方にも、過払い金の返還などの道がありますのでこの機会に借金返済、そして完済のために一度、専門家に相談してみることをおすすめします。自己破産や債務整理、過払い金返還などで乗り切るには、まずしっかりと自分の借金を把握することからですね。

借金返済の一歩は現実を知ることから

借金返済のために最初にすることは、今まで借入れしてきた金額がどれくらいなのかきちんと把握して整理することです。いつから、どこから、いくら借 りているのかを大体でいいので表にまとめてみるのもいいですね。借金の中で消費者金融などの利率が高いものがあれば、過払い返還なども視野に入りますの で、実際にはもう借金問題は解決していた!なんてこともあるものです。

また、これは借金を抱えている人に共通の悩み、そしてもっとも避けたいことなのかも 知れませんが、借金問題を家族に話すようにしてください。きちんといくらの借金があって、金利がこうで、どのくらいで返済する予定だ、もしくは返済不能に 陥っていて悩んでいる。すべてを正直に話すことです。妻、夫、親に話すことで、精神的にも経済的にも楽になるのです。また今後新しい借金が出来なくなりま す。当たり前ですが、借金をなくす最大の方法は借金をしないことですから。

その上で、専門家の指導をうけるべく相談してみるといいでしょう。