高齢化社会によって在宅介護の介護用品もさまざまです。在宅介護においては福祉用具としてリフトはかかせないものだと思います。介護者や介助者の負担が数段楽になりますし、転倒防止にもなります。福祉用具リフト福祉用具のリフトもさまざまなものがあります。移動用リフトは屋内用と屋外用があります。

屋内用は床からの立ち上がりなどの補助に、屋外用は車椅子の段差の補助に使われ、入浴用リフトは入浴時の浴槽への出入用でリモコン操作で安全に入浴できます。

据置式リフトは歩行やおきあがりが自分で出来ない方を介助者が移動させる福祉用具リフトです。

さまざまな福祉用具リフトがいる場合などは、購入するものやレンタルですませるものとわけてもいいかもしれません。保険制度もありますから、販売店で相談してきめるのがいいでしょう。

福祉用具 リフトのレンタルについて

福祉用具のリフトをレンタルをおこなっている会社は沢山あります。ほとんどのお店は月額の利用料となっているようです。専門の相談員と話し合いをし、レンタルプランを作成します。最終的には本人が福祉用具リフトを決めるわけですが、きちんとしたアドバイスは受けれますので、安心して相談にのってもらいましょう。

福祉用具リフトが決まれば搬入日時を決めます。料金は基本的に月極で、搬入は別料金です。最後に契約書をかわして、福祉用具リフトの搬入を待つのみです。

納品されてからでも、使用方法や調整はキチンとおこなってくれまし、レンタルなら修理や交換も対応してくれます。衛生管理もしっかりされていますし、お店によっては訪問点検サービスも行ってくれます。専門相談員がいますので、いろいろ相談にのってもらいましょう。

福祉用具専門相談員について

福祉用具のレンタル等のサービスを行うには都道府県知事の指定が必要です。勿論、福祉用具リフトも厚生労働省の基準を満たしている資格者が専門相談員になっています。介護に関する知識や技術、福祉用具リフトの活用等の講習を受けています。

お店に行く前にそういった福祉用具専門相談員に相談してみるのもいいと思います。福祉用具リフトのレンタル店にはほとんどのお店に専門相談員がいます。保険の適用がきくものきかないもの、リフトについてはレンタルがいいか購入がよいか等の相談なども可能です。介護される方と介護する方の双方の意見を聞いていただきましょう。そして福祉用具リフトの選定やアドバイスを聞きましょう。

福祉用具専門相談員は関係各種団体や行政機関、保険者との連携を強化していますので、福祉用具サービスへの期待が高まってきています。