なぜ、ニコスプレミオカードなのか?その理由をまずお話しますね。いざ、カードをつくろうというとき、判断材料になるのはどんなことでしょう?ニコスプレミオカードの申し込み

まずはかかる費用。年会費ですね。無料のものから数万円のものまでありますね。それからカードに付随するサービス。

有料のカードにはそれに見合った プレミオなサービスが用意されている場合があります。

この費用とサービスの比較がカードを作る際に重要なのです。この三菱UFJニコスカードが発行してい るニコスプレミオカードが広く利用されているのは、この利用する人にとってメリットを感じさせるポイントがあるからなんですね。

ニコスプレミオカードの年会費など

ニコスカードの中でもプレミオと言えば、いわばプレミア、ぜいたくなカードの位置づけです。当然プレミオカードは無料ではありません。ただし年会費は3150円というお手ごろな価格です。しかも家族会員は無料というのもうれしいポイントです。

カードの利用資格は満20歳以上で学生は不可となっています。

ニコスプレミオカードのサービスは?

ニコスプレミオカードの売りは、先ほど言った年会費という費用に見合わないボリュームのあるサービスにあります。これだけのサービスを3150円で買うと考えると、どれだけニコスプレミオカードがすぐれているのかが分かるでしょう。

まずおなじみの「わいわいプレゼント」というポイント制のプレゼントがあります。。これはカードで買い物したり、公共料金の支払いなどでポイントをためて商品と交換できるシステムです。

さらに「バースデーポイントプレゼント」は利用者の誕生月の特別サービス。ポイントがボーナスポイントとして加算されます。

また海外旅行に際して起こるトラブルに対する保障である「海外旅行障害保険サービス」では、障害による死亡・後遺障害3000万円、障害治療費用、 疾病治療費用200万円、賠償責任3000万円、毛携行品の損害最高20万円などと一般の保険会社なみの保障です。これには国内旅行も適用される保険があ り、「国内旅行傷害保険サービス」などをニコスプレミオカード会員のみが受けられます。保険関連が充実しているのはニコスプレミオカードの大きな特徴で しょう。

他には「ショッピングパートナー保険サービス」「カード盗難保険」「NICOSネットセーフティサービス」というインターネット上での不正使用による損害を補償するサービスがあります。

また保障以外にもプレミオという名前にふさわしくVIPなサービスもあります。

その名も「空港ラウンジサービス」。ニコスプレミオ会員が、国内の主要空港でのラウンジサービスを利用できます。気分いいですよ。

ニコスプレミオが安い年会費。手厚い補償。プレミアなサービスと三拍子そろったカードとして、ニコスプレミオはおすすめできるカードなのです。