レノボ・ジャパンがThinkPadシリーズというラインナップで販売しているパソコンが、レノボ「X61s」「T61p」「R61」「R61e」。2007年5月に発売されて人気となっている“Santa Rosa”ThinkPadの追加モデル。

それぞれ、「ThinkPad X61s」「ThinkPad T61p」「ThinkPad R61」「ThinkPad R61e」という名前がついている。

レノボ t61p

レノボ T61pは先行機種の「ThinkPad T61」のバージョンアップ版。「64595BJ」の1モデルのみ。CPUはCore 2 Duo T7700、チップセットはIntel PM965 Express、グラフィックス機能は外付けのGPUを利用する。15.4インチワイド液晶ディスプレイ。HDD容量は160Gバイト、メモリは 1024Mバイト。無線LAN。OSはWindows Vista Ultimateだ。

レノボ X61s

レノボ X61sは「7668A11」「76687BJ」の2モデル。「7668A11」の価格が19万4250円で「76687BJ」の価格になると18万 9000円。ふたつの違いはメモリ容量になる。OSは両者とも、Windows Vista Business。CPUはCore 2 Duo T7300、チップセットがIntel GM965 Express。12.1インチ液晶ディスプレイを搭載。HDD容量は80Gバイト。無線LAN。

レノボ R61

レノボ R61は「8932A15」「8932A16」の2モデル。価格は8932A15が16万6950円で8932A16が15万3300円。ふたつの違いは 内蔵する光学ドライブで、8932A15はDVDマルチドライブ、8932A16はコンボドライブ。CPUは Core 2 Duo T7100、チップセットはIntel GM965 Express、15.4インチワイド液晶ディスプレイ。メモリは512MバイトでHDD容量は 80Gバイト。無線LANモジュール。導入されるOSはWindows XP Professional。

レノボ R61e

レノボ R61eは「76505UJ」(価格10万3950円)、「76505VJ」(価格10万5000円)、「765063J」(価格12万3900円)、 「76505MJ」(価格10万5000円)、「76505QJ」(価格12万3900円)の5モデル。共通する仕様は、CPUの Celeron M 540、チップセットのIntel GL960、最大解像度1280×800ドットの15.4インチワイド液晶ディスプレイ、HDD容量80Gバイト、メモリ容量512Mバイト。違いは OS(Windows XP Professional、Windows Vista Business)、Microsoft Office Personal 2007の有無、内蔵する光学ドライブの種類。

レノボジャパンとは?

本社を米国ノースカロライナ州ラーレイに置き、中国・北京と米国ノースカロライナ州ラーレイに主要拠点がある。ThinkPadシリーズを含む安く性能のいいPCを販売している。

会社名称 レノボ・ジャパン株式会社

会社設立年月日 2005年(平成17年)4月28日

本社所在地 〒106-0032東京都港区六本木3-2-31

TEL(03)3588-2100(代表)

代表者氏名 代表取締役 社長 天野 総太郎

資本金 3億円

従業員数 約600名(2008年4月1日現在)