訪問介護の自費は、介護の必要な家族の方にはできるだけ負担のかからないようにしたい、と思うものですね。一般的な介護保険の対象とならない部分は残念ながら自費でまかなうしかありません。


自費になってしまうものにはいろいろ種類があります。
ひとつめは訪問介護の費用。

利用の料金の9割は介護保険によって支払われますが、1割は「自費」の支払いです。これは通常、私達が病院で保険診療を受けた場合の自己負担金を支払いするのと同じ感覚です。

訪問介護自費

訪問介護の種類

訪問介護の二種類のサービスについてお話しましょう。
それは「生活援助型」と「身体介護型」の二種類です。

ひとつの「生活援助型」は、掃除や洗濯、料理など身の回りの世話のことを言います。
後者が「身体介護型」の訪問介護で食事の介助や入浴や排泄などの介助、外出などの介助などです。

訪問介護というのは、身内や家族が病気などの事情で要介護者や要支援者の介護または支援が出来ない場合に限って適用されるものです。ですから同居の家族が身の回りの世話が可能な場合は、希望の介護サービスが受けられない場合もあるということになります。

この「生活援助サービス」「身体介護サービス」のふたつの訪問介護のいずれも、9割介護保険の支払いになり、その2つの訪問介護自費というのは、1割です。

 

訪問介護の介護状態区分

訪問介護の利用限度額は介護状態区分によって変わってきます。 「要介護認定」された要支援1,2、要介護1~5の区分だ介護状態区分です。

日常生活において一部または全ての行動に介護が必要な場合を、「要介護」と言います。
「要支援」という場合は要介護状態まではいかない状態でも、何らかの支援が必要であるとされています。

介護サービスの限度額を越えてしまった場合は自己負担、つまり「訪問介護の自費」となるわけです。一ヶ月の負担額(利用者負担1割)の世帯合計が、所得ごとにさだめた上限を越えた場合には、「高額サービス費」が給付されます。こちらは別途申請が必要になりますので注意しましょう。

 

介護保険対象外の自費になるもの

それでは介護保険の対象とならない、訪問介護の自費というのはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、要介護認定を受けられないくらいの身体状態、または要介護申請をまだしていない、という方が訪問介護のサービスを受けたい、という場合です。

この場合は自費ということで金額は高くなりますが、同じサービスを受けることが出来ます。

他にも介護対象外の事柄、例えば普段の掃除を越える「大掃除」と言えるものや、ペットの世話などの場合もサービスを受けることは出来ますが、訪問介護の自費サービス扱いとなります。

入院時の世話などについても、訪問介護の自費サービスと同様に介護保険の利用は出来ないようです。