バクマンは、少年ジャンプの漫画家の成功物語です、原作は「大場つぐみ」さん・漫画は「小畑健」さんです。2話ではサイコーがマンガ家への許可を家族から得ます。「大場つぐみ」さんは、「DEATH NOTE」の作者でもあることから「ガモウひろし」さん説があります

バクマンがジャンプで大人気

バクマンは、少年ジャンプの37・38合併号から開始の、新 時代成功物語です。原作は「大場つぐみ」さんで、漫画は「小畑健」さんです。合併号ではバクマンは巻頭カラーの58ページでした、少年ジャンプの期待の大 きさが感じられます。バクマンの主人公は「真城最高」(マシロモリタカ)14歳です、あだ名は「サイコー」と呼ばれています。この「サイコー」に関わって くるのは、相棒となる学年トップクラスの秀才の「高木秋人」(タカギアキト)と、おとなしくて目立たないけど学年でもダントツに可愛い「亜豆美保」(アズ キミホ)です。「サイコー」の、あこがれの叔父(川口たろう)は漫画家でしたが、数年前に過労で亡くなっています。「サイコー」は、最近まで叔父さんは自 殺していたと勘違いしていましたが、バクマンの2作目で叔父さんの仕事場を見てから、過労死だったと考えを改めます。「サイコー」は、叔父さんの生き方が 好きでしたが、漫画家で生き抜くことの厳しさをみていたことから、漫画家をあきらめていました。将来の生き方の模索と、「亜豆美保」への恋心で、勉強他も 熱中できない生活をしています。

バクマンとDEATH NOTE

バクマンは、漫画家の物語です。バク マンは2作目となる、少年ジャンプの39号では、「サイコー」の相棒になる、「高木秋人」(タカギアキト)のあだ名が「シュージン」となりました。前作の バクマン1作目では、「シュージン」の策略で「亜豆美保」(アズキミホ)に告白することになりました。その時、声優志望の「亜豆美保」に、漫画家になって 結婚することを宣言します。バクマン1作目では、「サイコー」と「シュージン」のコンビの漫画家が誕生しました。もっとも、一緒にマンガを書こうと決めた だけの、マンガ家の卵にもなっていませんが。バクマン2作目では「サイコー」は家族にマンガ家になる許可をもらいます。母親は大反対でしたが、父親も祖父 もアッサリと許してくれます(応援?)、祖父にいたっては、叔父(川口たろう)のマンションの仕事場の鍵をくれます。「サイコー」と「シュージン」は、 「川口たろう」のマンションの仕事場から、貴重なマンガの資料を得ます。「サイコー」は「川口たろう」が過労死するほど、前向きに激しく頑張って死んで いった人生を知ります。