これを読んでおられる皆さんの中にも、ほくろで悩んでいる方が多くおられると思います。でも、このほくろ、結構簡単に取れてしまうものなのです。しかも、ほくろの状態や取り方によっては保険を適用することも可能です。ほくろは形や色によっては進行して皮膚ガンになることもあるので、その可能性がある場合は保険適用になります。ほくろとり

ただ、その場合でも、美容整形に行ってしまうと保険適用外になる恐れもありますので、事前に調べておくことは必要です。

ほくろのとり方は、主に二通りあります。まず一つ目は、レーザーによるものです。ほくろの辺りに麻酔をかけ、レーザーで焼いてしまうものです。

知人の話によると、麻酔を打つためのテープを事前に貼っておいた時は、麻酔自体はあまり痛く感じなかったそうです。それを使わないで麻酔の注射を打ったときは、けっこう痛みがあったと言っておりました。

このレーザーによるほくろとりは、術後しばらくはクレーターのように皮膚がへこんでいるようです(ほくろの深さによっても違いがあります)が、時間とともに見えなくなってくるようです。

レーザーは黒いものに反応するため、同じ方法でシミを取ることもできます。ただ、この場合はもちろん保険は適用されません。

もうひとつの方法としてはほくろの切除があります。これはメスを使ってほくろを切り取ってしまうものです。これも麻酔を使うので、術中の痛みは感じません。この方法も、しばらくは赤みが残り、皮膚もへこんで見えますが、次第に見えなくなるようです。

このように、ほくろを取るには2つの方法がメインとされています。どちらの方法でも簡単で、費用もそんなにかかりません。

しかし、術後しばらくの間は絆創膏を貼ったり、かさぶたが残った状態になります。また、とった後しばらくは紫外線も避けなければいけません。そのことを考えて日程を選ぶとよいと思います。

本当に簡単に終わってしまうものなので、気になるほくろがある方はまずは形成外科等に相談してみてはいかがでしょうか?